キャッシュレス決済時代にむけて

キャッシュレス決済比率は韓国で約9割、中国で約6割に達するとされています。日本は約2割にとどまり、政府は2025年までに4割に高める目標を掲げています。

キャッシュレス決済の時代が進み、キャッシュレス社会が浸透してゆくと、消費ハードルを下げたことによって消費拡大はもちろん、事務効率化による事務コストのカットや時間の節約、少子高齢化による人手不足の改善や紙の削減を通じてエコロジカルな社会の実現などが期待されています。

日本では、2019年には給与をスマホ決済アプリに振り込めるようにする計画をしています。また、10月の消費税増税後には、キャッシュレス決済でのポイント還元(最大5%)が実施される事になっています。また、キャッシュレス決済を導入する中小事業者に対する税制優遇も行われる見通しになってきています。

光ケ丘商店会では、PayPayによるキャッシュレス決済に対応するお店が現在増えています。
最終的には、光ケ丘地域独自のキャッシュレス決済への取り組みと、「光ケ丘ポイント倶楽部」の仕組みを構築し、独自ポイントサービスをスタートする予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベント情報

  1. 令和最初の光ケ丘夏まつり(光ケ丘団地自治会・中部町会主催)が、夏休み最後の土日(24日・25日)に開…
  2. この度、光ケ丘商店会で加盟店情報をまとめた「きらナビ特大号・加盟店情報誌」を発行させていただきま…
  3. 平成最後の光ケ丘MusicFestivalを開催させて頂きました。 大震災後の20…
  4. 毎年、春の恒例イベントとなりました、地域の小中学校の吹奏楽部をお呼びして音楽の世界を地域の皆様と…
  5. 平成最後の桜の木々達のファッションショーの開演を追いかけながら、当初は3月24日(日)に開催を予…

ピックアップ記事

  1. 2019-4-15

    キャッシュレス決済時代にむけて

    キャッシュレス決済比率は韓国で約9割、中国で約6割に達するとされています。日本は約2割にとどまり…

光ケ丘商店会って

  1. 2019-4-15

    光ケ丘商店会

    協同組合光ケ丘商店会は、日本初のURによるニュータウン・光ケ丘団地の建設が始まり、その光ケ丘団地…
ページ上部へ戻る